クレンジングの手抜きはヤバイ!乾燥肌等のスキンケアは水分が決めて!

しみ、しわ、毛穴の開きや黒ずみといえばクレンジングは無関係ではない!手抜きはもっとやばい!乾く季節の乾燥肌対策は保湿!人気スキンケアコスメといえば?
ページの先頭へ
トップページ > 出産を終えても当分の間、女性の身体

更新日:2018/04/20

出産を終えても当分の間、女性の身体

出産を終えても当分の間、女性の身体は出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルは自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えると急激に減ってしまって、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

紫外線を同じ時間浴びたとします。

しかし、それによって現れてしまうシミは人によって様々です。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌があります。

具体的な話では、きめの細かい白い肌を指します。どう見分ければいいかというと、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

美しい肌はそれだけ繊細なものです。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、辛いものですよね。若者のピカピカの肌を見ると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、妬みたくなってしまうのです。

これからでも頑張って若い肌を維持して、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、紫外線を防ぎ、アンチエイジングをするなどをしっかりしようと考えています。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

お肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大事な役割を果たしてくれます。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘系の果物に特に多く含まれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。肌荒れが生じた場合には、セラミドを摂取するようになさってみてください。

セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。角質層は複数層の細胞から作られていて、、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、必要量を下回ると肌荒れしてしまうのです。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが判明しているのです。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるでしょう。

保水機能が低くなると肌のトラブルを引き起こす原因になるので、ご注意ください。

じゃぁ、保水能力を向上させるには、どんな肌ケアを試すと良いのでしょうか?保水能力向上にお勧めのスキンケア方法は、血行を促進する、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。近頃、ココナッツオイルをスキンケアに生かす女性を中心に急増しているのをご存じですか?使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としやマッサージオイルとして使っている、という方も。

もちろん、日々の食事にとりいれるのもお肌にいい影響を与えます。

ですが、質に関しては良いものを十分に気を使って選んでくださいね。肌が薄いタイプの人は、そうでない人よりシワが多くなるということは、意外に知られていないかもしれません。もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。そのため、肌のハリツヤが失われます。

肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も最近よく耳にします。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、保湿力アップを期待できます。様々なオイルがあり、種類によってもいろいろと効果が変わってきますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを活用するといいでしょう。オイルの質によって左右されるので、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。

エステはスキンケアとしても利用できますが、エステティシャンのハンドマッサージや自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。実際、美容クリニックでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人が肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。

「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」ということをよく聞きますが、それは美白も同じです。

本当に白い肌にしたいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。

喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが壊されてしまいます。

ホワイトニングに欠かせないものは何かといえば、実にたくさんありますが、お肌のシミに強いのがプラセンタだといえます。

シミの元になるメラニンが沈着することを抑える作用があります。また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、細胞の入れ替わりが活発になり、肌のいらない角質とシミをまとめて落としてくれます。

さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美肌ケアとしていいですね。女性にとってこんな嬉しいことはありません。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。どうしてシワができるのかというと、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚表面のシワが増えて行く事になります。

目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。

そのためここは他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸がどんどん減っていく一方となるため、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。

スキンケアで忘れてはいけないことは日々の正しい洗顔が鍵となります。

間違った洗顔とはお肌にトラブルを招き潤いを保てなくなってしまう、要因をつくります。お肌をいたわりながら洗う出来るだけ丁寧にすすぐこと、以上のことに注意して洗う顔を洗いましょう。

若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといってスキンケアを全くしないで、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。肌にシワができる原因は紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが長く肌に影響するのです。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、できれば20代から毎日の肌のお手入れを積み重ねてほしいと思います。

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。

目の下の部分などは特に細かいシワもでるしクマも居座るしで、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。それから、肌のハリ、ツヤが加齢によってなくなっていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

顏限定で見ていきますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメの整っている肌の表面では皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、肌の乾燥には大変警戒しています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

この危険な時期、大事なスキンケアは入念に行うようにしていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用も欠かさなくなりました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがちらほら見られるようになってしまいました。

何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。

天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。

出産後、歩けるようになった子供と、平日は二人で、休日は夫と共に公園で遊んでいました。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。

とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。

きちんとした使い方をしないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。

顔を洗ってからつけるのは化粧水です。

これにより肌に水分を与えましょう。もし、美容液を使うときは化粧水の後になります。

最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、お肌の補水をしっかりとしてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

関連記事

メニュー

メニュー

2013 クレンジングの手抜きはヤバイ!乾燥肌等のスキンケアは水分が決めて! All rights reserved.